COMPANY HISTORY
株式会社 網中の歴史
1958年【昭和33年】
前会長網中信裕が北九州市戸畑区天神に網中和洋紙店を創業。和洋紙の販売及び、裁断業を始める。
1960年【昭和35年】
山陽国策パルプ(現、日本製紙)の特約店となる。(2018年1月31日現在)
1961年【昭和36年】
戸畑市に新社屋完成。
1970年【昭和45年】
大分製紙の代理店となり家庭紙の取り扱い開始。
1972年【昭和47年】
網中和洋紙店を法人組織とし、社名を株式会社網中と改称。
1973年【昭和48年】
小倉北区井堀に倉庫(現、井堀倉庫)建設。
1974年【昭和49年】
事務集中ビル建設。
1979年【昭和54年】
福岡営業所(現、支店)開設。
1980年【昭和55年】
大分営業所(現、支店)開設。
1989年【昭和64年】
    【平成元年】
小倉北区東港に本社新社屋完成。
1991年【平成3年】
福岡支店拡張、新社屋完成。
1993年【平成5年】
東京営業所(現、支店)開設。
1994年【平成6年】
鹿児島営業所開設。
1996年【平成8年】
鹿児島支店新社屋完成。
1998年【平成10年】
山口支店新社屋完成。
1999年【平成11年】
大分支店新社屋完成。
2001年【平成13年】
業務拡張のため東京支店新事務所購入。
2004年【平成16年】
熊本支店開設。
2007年【平成19年】
大阪支店開設。
2016年【平成28年】
広島支店開設。